運行管理者試験対策.Blog

運行管理者試験の合格を目指す方へ

運行管理者試験【貨物】過去問ランダム演習:525

f:id:buta_hiroshi:20171106202322j:plain

問 自動車の追い越しに関する次の文中、A及びBに入るべき字句を下の枠内の選択肢(1~6)から選なさい。

1.高速自動車国道を車両の長さ10メートルのトラックが時速80キロメートルで走行中、下図のとおり、時速70キロメートルで前方を走行中の車両の長さが10メートルのバスを追い越すために要する追越距離は( A )である。なお、この場合の「追越」とは、トラックが前走するバスの後方90メートル(ア)の位置から始まり、バスを追い越してバスとの車間距離が90メートル(イ)の位置に達するまでのすべての行程をいう。

2.「1」の場合において追い越しに要する時間は、( B )である。なお、解答として求めた数値に1未満の端数がある場合には、小数点第一位以下を四捨五入すること。

f:id:buta_hiroshi:20190417133536j:plain

 

1.1,440メートル  2.1,520メートル  3.1,600メートル
4.72秒       5.68秒       6.65秒

 

 

 

 

 

 

 

答え:A3 B4

本問のような「追越距離」や「追越時間」を求める問題については、数式の暗記が重要であり、それぞれを求める数式は以下のとおりである。

・追越距離={(自車の長さ+前車の長さ+追越前の車間距離+追越後の車間距離)×自車の速度}÷自車と前車との速度差

・追越時間=追越距離÷自車の1秒間の走行距離

A.追越距離の計算
 {(10m+10m+90m+90m)×80km/h}÷80km/h-70km/h= 16000÷10=1,600m

B.追越時間の計算
 80km=80,000m、1時間=60分=3,600秒なので、80km/hで走行するトラックは、3,600秒(1時間)で80,000m(80km)走行することになる。したがって、本問のトラックの「1秒間に走行する距離」は、80,000m÷3,600秒=22.2mとなり、数式に当てはめると、1,600m÷22.2mで72秒となる。

運行管理者試験対策.net【テキスト・過去問題集・模擬試験】

運行管理者試験対策講座【本気で合格を目指す方へ】