運行管理者試験対策.Blog

運行管理者試験の合格を目指す方へ

運行管理者試験対策.net【対策教材の販売・対策講座の開催】

 運行管理者試験対策の決定版!

f:id:buta_hiroshi:20190507182918j:plain f:id:buta_hiroshi:20190507182945j:plain
〇運行管理者試験【貨物】合格必勝セット・問題演習CDの販売

 迫力ある生講義で理解を深める!

運行管理者試験対策講座
〇運行管理者試験【貨物】対策講座のご案内

運行管理者試験【貨物】過去問ランダム演習:334

f:id:buta_hiroshi:20171106202322j:plain

問 労働基準法(以下「法」という。)の定めに関する次の記述のうち、誤っているものを1つ選びなさい。

問18 労働基準法(以下「法」という。)の定めに関する次の記述のうち、誤っているものを1つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。なお、解答にあたっては、各選択肢に記載されている事項以外は考慮しないものとする。

1.平均賃金とは、これを算定すべき事由の発生した日以前3ヵ月間にその労働者に対し支払われた賃金の総額を、その期間の所定労働日数で除した金額をいう。

2.法で定める基準に達しない労働条件を定める労働契約は、その部分については無効とする。この場合において、無効となった部分は、この法で定める基準による。

3.使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。この明示された労働条件が事実と相違する場合においては、労働者は、即時に労働契約を解除することができる。

4.使用者は、労働者が業務上負傷し、又は疾病にかかり療養のために休業する期間及びその後30日間並びに産前産後の女性が法第65条(産前産後)の規定によって休業する期間及びその後30日間は、解雇してはならない。

続きを読む

運行管理者試験対策講座】早くも…

運行管理者試験【貨物】過去問ランダム演習:333

f:id:buta_hiroshi:20171106202322j:plain

問 道路交通法に定める最高速度違反行為についての次の文中、A、B、C、Dに入るべき字句としていずれか正しいものを1つ選びなさい。

車両の運転者が最高速度違反行為を当該車両の使用者(当該車両の運転者であるものを除く。以下同じ。)の( A )した場合において、当該最高速度違反行為に係る車両の使用者が当該車両につき最高速度違反行為を防止するため必要な( B )を行っていると認められないときは、当該車両の使用の本拠の位置を管轄する公安委員会は、当該車両の使用者に対し、最高速度違反行為となる運転が行われることのないよう運転者に( C )することその他最高速度違反行為を防止するため必要な措置をとることを( D )することができる。

A  1.業務に関して   2.責務に関して

B  1.情報の管理    2.運行の管理

C  1.指導し又は助言  2.命令

D  1.勧告       2.指示

続きを読む

【Yahoo店リニューアルのお知らせ】

運行管理者試験【貨物】過去問ランダム演習:332

f:id:buta_hiroshi:20171106202322j:plain

問 自動車の検査等についての次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1.指定自動車整備事業者が交付した有効な保安基準適合標章を自動車に表示している場合であっても、当該自動車に自動車検査証を備え付けなければ、これを運行の用に供してはならない。

2.自動車の使用者は、自動車の長さ、幅又は高さを変更したときは、道路運送車両法で定める場合を除き、その事由があった日から30日以内に、当該事項の変更について、国土交通大臣が行う自動車検査証の記入を受けなければならない。

3.国土交通大臣は、一定の地域に使用の本拠の位置を有する自動車の使用者が、天災その他やむを得ない事由により、継続検査を受けることができないと認めるときは、当該地域に使用の本拠の位置を有する自動車の自動車検査証の有効期間を、期間を定めて伸長する旨を公示することができる。

4.自動車に表示されている検査標章には、当該自動車の自動車検査証の有効期間の起算日が表示されている。

続きを読む

運行管理者試験【貨物】過去問ランダム演習:331

f:id:buta_hiroshi:20171106202322j:plain

問 次の自動車事故に関する記述のうち、一般貨物自動車運送事業者が自動車事故報告規則に基づく国土交通大臣への報告を要しないものを1つ選なさい。

1.事業用自動車が走行中、右カーブを曲がりきれず、当該事業用自動車が道路から1メートル下の畑に転落したもの。

2.事業用自動車が走行中、横断歩道により道路を横断していた歩行者に接触する事故を起こし、当該歩行者に10日間の医師の治療を要する傷害を生じさせたもの。

3.事業用自動車が走行中、突然ホイール・ボルトが折損して左後車輪が脱落し、当該車輪がガードレールに衝突したもの。

4.事業用自動車が交差点において乗用車と出合い頭の衝突事故を起こした。
 双方の運転者は共に軽傷であったが、当該事業用自動車の運転者が当該事故を警察官に報告した際、その運転者が道路交通法に規定する酒気帯び運転をしていたことが発覚したもの。

続きを読む

【満点合格者の声】